ENGLISH
お問い合わせ
サイトマップ
咸臨丸プロジェクト 「細胞と代謝」の基盤研究を担う若手育成

HOME > 研究者紹介 > 中原 仁 > 論文が掲載されました(『MS Frontier』誌)

中原 仁

論文が掲載されました(『MS Frontier』誌)

中原 仁

『多発性硬化症は変性疾患か-変性疾患であるという立場から』

MS Frontier(メディカルレビュー社), 1:40-43 (2012).

 

多発性硬化症は変性疾患であるか否かというディベートを誌上で行いました。小生は変性疾患であるという立場から論じております。変性疾患ではないという立場から、大阪大学神経内科中辻裕司先生が論じておられます。原因不明の疾患であり、いずれも確定的なことは言えないものの、病因をめぐる現時点での争点を絞り込むには大変に有意義なディベートテーマであると感じます。ご一読頂けますと幸いです。


<< 前の記事へ

メインページ


2012-11-19 16:48

一覧を見る


↑このページのトップへ

慶應義塾創立150年

HOME