ENGLISH
ABOUT
慶應義塾坂口光洋記念講座(坂口講座)

慶應義塾は、安政5年(1858年)「新文明」の先導者である福澤諭吉によって創設されて以来150有余年の間、教育・研究の府として、また日本最古の私学として、我が国の文化の発展と人材育成に大きな役割を果たしてきました。医学・生命科学分野においては、塾祖福澤の遺志を継いだ北里柴三郎を初代学部長として1917年に医学科を創設、1920年に医学部および大学病院を開設して以来幾多の優れた医師・研究者を輩出し、教育・研究・診療を通し広く社会に貢献してきました。
1994年秋に医学部の卒業生である坂口光洋氏(1940年卒)から浄財50億円が寄贈されたことを受け、慶應義塾は、広く国際的な医学研究・医療の発展とこの分野における世界的な人材の育成と交流に寄与し、もって人類の福祉に貢献できることを目的として「慶應義塾医学振興基金」を設置しました。1995年4月1日より基金の運用を開始し、さらに1999年7月には20億円の追加寄付を得て、坂口氏の「義塾における医学研究の奨励と創造的発展に貢献するとともに、世界の医学の発展に寄与する」との志を遂げるべく基金事業を行っています。その1つの事業として、医学部および医学研究科に「坂口光洋記念講座」(The Sakaguchi Laboratory)を設置し、医学および生命科学関連分野における研究・教育を推進しています。発生・分化生物学講座(2002年~)と再生医学講座(2005年~2010年)は国際的に高い評価を受けており、2012年にはシステム医学講座が新設されています。

慶應義塾大学のテニュアトラック・プログラム

慶應義塾大学では、平成20年度 文部科学省 旧科学技術振興調整費(若手研究者の自立的研究環境整備促進事業)の採択以降、『「細胞と代謝」の基盤研究を担う若手育成』(慶應・咸臨丸プロジェクト)の名のもと医学部を中心とした生命科学領域の関連部局においてテニュアトラック型の若手研究者育成システムを導入し、延べ14名の優秀な若手研究者を学内外、国内外から集め、次世代のリーダーの養成を図っています。この新たな取り組みをさらに普及・定着させるため、慶應義塾大学では医学部坂口光洋記念講座ならびに湘南藤沢キャンパス(総合政策学部・環境情報学部および政策・メディア研究科)においてもテニュアトラック型人材育成システムの展開を図ります。

坂口講座テニュアトラック・プログラム※

慶應義塾大学信濃町キャンパスを中心とした生命科学領域の関連部局においては、生命科学および医学系グローバルCOEプログラム等の実施を通じたこれまでの世界的教育研究拠点形成の実績に基づき、幹細胞研究および代謝研究をはじめとする世界のトップレベルに位置すると自負する研究を推進してきました。これら研究の発展により、膨大な生物学的データを整理し新しい生命科学を洞察することの重要性が明らかになってきました。そのため、ゲノム、エピゲノムなどの生命情報を数理的に解析することができる新しいタイプの研究者を必要としています。この領域にターゲットを絞り、従来の医学部・理学部・工学部といった枠にとらわれない優秀な人材を国際公募により募ることにより、坂口講座をわが国の発生・再生における生命情報学のメッカとする構想です。慶應義塾大学は、あたらしい頭脳を迎え入れることにより、生命科学と情報科学、医学と数学・工学という融合領域の創出に挑戦します。

※本プロジェクトは、文部科学省 科学技術人材育成費補助金(テニュアトラック普及・定着事業)の支援を受けて運営されています。

公募要項はこちら

ホーム公募要項研究者紹介

慶應義塾HOMEへ医学部・医学研究科 HOMEへ

Copyright © Keio University. All rights reserved.