ENGLISH

HOME > 研究者紹介 > 助教 永松 剛

研究者紹介

助教 永松 剛
(Go Nagamatsu, Instructor)

助教 永松 剛

助教
永松 剛

■研究テーマ
始原生殖細胞から生殖幹細胞への分化過程の解明
■Keywords
生殖細胞、リプログラミング、多能性、幹細胞

プロフィール

履歴

2001年、東京理科大学 理工学部 応用生物科学科卒業

2003年、東京理科大学 大学院 修士課程修了

2007年、大阪大学 大学院 博士課程修了

20072009年、慶應義塾大学医学部総合医科学研究センター 特別研究助教

20092012年、慶應義塾大学 医学部 発生・分化生物学 助教

2009年~、科学技術振興機構さきがけ「iPS細胞と生命機能」 研究者(兼任)

2012年~、慶應義塾大学 医学部 坂口記念講座 テニュアトラック助教

 

 

Recent publication

2012

1. Tracing the conversion process from primordial germ cells to pluripotent stem cells in mice

Nagamatsu G#*, Kosaka T#, Saito S, Takubo K, Akiyama H, Sudo T, Horimoto K, Oya M, and Suda T

Biology of Reproduction 2012 Jun 14;86(6):182

#equally contribution

*corresponding author

 

2011

1. Ataxia-telangiectasia mutated (ATM) deficiency decreases reprogramming efficiency and leads to genomic instability in iPS cells.

Kinoshita T#, Nagamatsu G#*, Kosaka T, Takubo K, Hotta A, Ellis J, Suda T*.

Biochem Biophys Res Commun. 2011 Apr 8;407(2):321-6.

#equally contribution

*corresponding author

 

2. A germ cell-specific gene, Prmt5, works in somatic cell reprogramming.

Nagamatsu G#*, Kosaka T#, Kawasumi M, Kinoshita T, Takubo K, Akiyama H, Sudo T, Kobayashi T, Oya M, Suda T*.

J Biol Chem. 2011 Mar 25;286(12):10641-8.

#equally contribution

*corresponding author

 

主要取得研究費

2009-2012年度   科学技術振興機構 さきがけ iPS細胞と生命機能

"生殖細胞の特性に基づく新しいリプログラミング手法の開発"

http://www.ips-s.jst.go.jp/

 

2012-2013年度   科学研究費補助金(新学術領域研究)

生命素子による転写環境とエネルギー代謝のクロストーク制御

"対称・非対称性アルギニンメチル化と多能性維持機構"

http://tmsystem.tara.tsukuba.ac.jp/

 

研究内容


ホーム公募要項研究者紹介

慶應義塾HOMEへ医学部・医学研究科 HOMEへ

Copyright © Keio University. All rights reserved.